【サプリ】アカモクに含まれている栄養成分
価格・口コミでも人気

アカモクが持つ美容・健康への働きが口コミで広まり、食材として見直されつつあります。加えてアカモクのサプリも開発され、アカモクの持つ栄養素を効率的に摂取できるようにもなりました。しかし、アカモクの栄養素は実際のところ何なのか、ご存じない方も多いのではないでしょうか。そこでこちらでは、アカモクが持つ栄養素とアカモクの歴史について解説いたします。

アカモクに含まれている栄養成分は?サプリでも同じ?

スプーンの上のサプリ

海藻アカモクに含まれている栄養成分の中でも、美容・健康への働きが期待されているのは「フコイダン」と「ポリフェノール」です。

フコイダン

アカモクに含まれる食物繊維のことで、アカモクを食べるときに感じるネバネバ感を生み出している成分です。フコイダンは水溶性食物繊維であり、腸の中で善玉菌のエサとなります。さらに食物繊維であるフコイダンは、体外に排出される際、体内に蓄積された老廃物も一緒に押し出す力も持っています。体の中に残る老廃物は肌荒れの原因にもなるため、フコイダンを摂ることは、スキンケアにつながると言われています。

ポリフェノール

アカモクには、ポリフェノールという栄養成分も含まれています。ポリフェノールとは、植物が光合成を行うときにできる物質の総称です。カテキン、フラボノイド、イソフラボンなどもポリフェノールの仲間で、口コミではコーヒーやお茶の渋み成分として知られています。そんなポリフェノールは酸化に対抗する物質で、植物は紫外線対策のために、ポリフェノールの合成能力を有効活用しています。

こうしたアカモクの成分はサプリでも十分に摂ることができるので、日々効率的に栄養成分を摂り入れたい方におすすめです。Beaukenでは、アカモクの栄養成分を含んだサプリをお求めやすい価格で提供しています。

口コミで注目の海藻「アカモク」の歴史

海藻「アカモク」

口コミで注目の海藻「アカモク」は、食材としての歴史は古いです。奈良時代の頃から食材として重宝され、万葉集にも「玉藻」という名前で登場しているなど、古くから親しまれてきました。塩分補給を目的に食べられていたアカモクは、次第に栄養成分が明らかにされていき、中国では漢方の原料として扱われるようになっていきます。

アカモクは忘れ去られた時期もある

千年以上前の文献にも登場するアカモクですが、時代が進むにつれて、同じ海藻類のわかめ、昆布の人気が高まっていき、次第に食べられなくなっていきます。アカモクは独特の強いネバネバがあるため、その点も嫌う人が多かったようです。ところが、現在はアカモクに含まれる栄養素が科学的に証明され、一気に注目を集めるようになったのです。

今ではサプリも開発され、アカモクが持つ栄養を低価格で効率的に摂取できるようになっています。Beaukenではアカモクのサプリをお求めやすい価格で取り扱っていますので、お試しになりたい方はお問い合わせください。お電話でのご注文・お問い合わせは0120-413-889、受付時間は午前10時から午後17時までとなります。

お求めやすい価格でアカモクのサプリをお届け!

海藻アカモクが持つ栄養素とアカモクの歴史についてまとめてみました。アカモクは食物繊維のフコイダン、ポリフェノールなどを含む栄養価の高い食材です。日本だけでなく、世界中でも古くから食材として利用され、近年になって改めてその栄養価の高さが注目されました。サプリでも海藻アカモクが持つ栄養成分は十分に摂れるので、忙しい方におすすめの食材です。

ただ、アカモクをなかなか入手できない方は、アカモクのサプリで手軽にお召し上がりいただけます。Beaukenでは、アカモクのサプリをお得な価格で取り寄せられる定期お届けサービスを用意していますので、興味がありましたらお気軽にご利用ください。